「浴衣」について

「浴衣」についてご存知でしょうか。
着物の種類に属している物で、木綿で作られている着物の事を指しています。
通常の着物の場合は長襦袢を着た上に着物を着ますが、浴衣の場合は素肌の上に直接着る様になっています。
簡単な和装と言っても良いかもしれませんね。
浴衣が出来た頃は平安時代だと言われていますが、この頃今の銭湯の様に複数人でお風呂に入る頃が有ったそうです。
その際、裸を隠す目的、また木綿素材なのでお風呂から上がった時の汗や水分を取る目的として浴衣を着る様になったと言われています。
その着心地の良さから、一般庶民に広がったのは江戸時代の頃であったと言われています。
木綿で作られているので風通しが良くて、簡単に切れると言うのが人気の秘密だった様です。
その為、湯上りに着るだけでなく、パジャマ代わりとしても多くの方に着られていた様です。
こうした簡易的な着物である事から、今でも結婚式等の正式の場所で着るのはマナー違反だと言われています。
現在は、パジャマ代わりとして着るのはあまり見られませんが、旅館等に行くと浴衣が置いてありますよね。
昔の名残から来ている物だと思います。
また花火大会等で良く見かける為、今でも浴衣はたくさんの人に愛されている着物だと言う事がお分かりいただけます。
最近は浴衣も多種多様の素材、柄、色で作られていて、帯や小物も含めた浴衣セットみたいな物も通販を見ると売られています。
浴衣セットも通販だと色んなメーカーの物が一度に画面で見れるので、お気に入りの物が探しやすいかもしれませんよ。



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする