通販でも安心して買える浴衣選びのポイント

浴衣は生地素材によっても着心地やお手入れの方法が変わってきます。
その特徴を知っておくことで、実際に手で肌触りを確認できない通販での購入のヒントになるでしょう。
では浴衣の生地素材の違いはどうなのでしょう。
綿コーマ地は、さらっとした肌触りで吸湿性もよく、お値段もお手ごろです。
平織り木綿の一般的な素材で洗いざらしのパリッとした肌ざわりです。
洗濯しても丈夫なので長持ちするのが特徴です。
綿紅梅は、格子状で筋糸が浮き出て透けるように織った木綿地です。
夏向きで涼しいので、浴衣の生地にもよく使われています。
その他の木綿地として、高級感のある「綿縮」や「綿紬」「綿絽」というものもあります。
価格は「コーマ地」の約2~3倍ですが、浴衣と着物の中間的な存在で、お出かけにいい感じなのですが、何度も水通ししていると生地のハリがなくなり、ヘタって寝巻きのようになってしまうこともあるので手入れに注意が必要です。
また、最近人気の浴衣素材がポリエステル素材です。
吸汗、速乾性で着心地よく人気があります。
洗濯機で洗うこともでき、ノーアイロンでもいのが特徴です。
また、ハリや光沢があり、着物感覚で着ることができます。
このように浴衣の生地素材については伝統的なものから新素材までたくさんの種類があります。
浴衣を通販で購入するのに手触りが分からないと思っていた人も、生地素材の特徴を知っておくといいでしょう。
通販ではたくさんの種類があるので、納得のいく浴衣を手に入れられるといいですね。



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする