自分のコンプレックスをなくせ!体型カバーの浴衣選び

浴衣はどちらかというと、太めな体つきの人のほうが似合うと言われています。
なので、細身の人が着こなすには、浴衣に少し幅を増やした方がより似合ってくるので、白系や淡い紫などの膨張色がオススメのようです。
逆に太め体型の人は、体型が強調されるような白や淡い色はなるべく避け、紺などの濃い色を選ぶとカバーできるようです。
さらに着物と同じ系統の色で縦のラインが入ったものは体がすっきり長く見えます。
また着物と帯の色を同色系にすることでも縦長効果があるようです。
帯に逆の色が入ると、縦のラインが帯によって上と下に分かれたように見えてしまうからです。
少しでも背を高く見せるには同じ系統の色でまとめるのがポイントです。
背の高い人におすすめなのは大きな柄の入った浴衣です。
背が高い分、柄が見える面積が大きいので、大胆な柄が文句なしに映えます。
全体的に柄が入っている浴衣を選ぶことで体型をカバーしてくれます。
小さい柄だとメリハリがなくなり、大柄さがかえって目立つので、小柄や無地のものは避けましょう。
逆に、背が低い人は大きな柄を選んでしまうと柄がつまってしまって見えるので、小柄模様の浴衣を可愛く合わせるのがポイントです。
ただし、柄が小さすぎると無地に見えて地味な印象になりかねないので、試着する時は2~3m離れて確認しましょう。
また、縦に模様が入っているものを選んで、縦長ラインを作り出すことで、すらりとバランスよく見えます。



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする