子どもに浴衣を着せたいママの浴衣選び術

夏祭りや盆踊りなどは、浴衣でおしゃれが出来る、年に数回の特別な機会です。
いつも着ている服とは違う色合いやデザインの浴衣は、お祭り気分をさらに盛り上げてくれます。
特に、子供が浴衣を着ている姿はかわいくて、是非着させたいものですね。
そんな子供用浴衣の選び方にはどんなポイントがあるのでしょう。
まず、上下が分かれており、甚平のように着ることの出来る浴衣ドレス。
着付けの知識や道具も不要で、誰でも簡単に着せることができるのが特徴です。
ドレスのような可愛らしいデザインもあり、丈が短いので動きやすく、着くずれしにくいので、低年齢の子にもおススメです。
ただ、フリルやレースが施されているデザインが多く、古典的なタイプを好む人にはオーソドックスな普通の浴衣がおすすめです。
普通のタイプの浴衣の大きさについて、浴衣はゆったりと着られるように作られていますが、子供用は肩上げ・腰上げがされているものも多く、成長に合わせておろせば丈を出すことが可能な浴衣も多くあります。
特に小さい子は、動き回って着崩れする可能性も多いので、ちょうどいいものか、ワンサイズ上の大きめの浴衣を選びぶと良いのではないでしょうか。
丈が長い場合は、腰上げをして丈を調節してみるといいと思います。
また、大人と同じく浴衣には、帯・下駄・腰ひも巾着袋なども必要となりますので、はじめて浴衣を着る場合で、もし家に必要なものをもっていない場合は、セットで販売されている浴衣を選ぶと安心です。



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする