デートに使える!オトコの浴衣、選び方や着こなしのポイント

男の浴衣選び。
浴衣自体だけでなく他に付随する物の選び方も大切になってきます。
下着はどうではしょうか。
洋服の時と同じでも良いのですが、いくつか注意点があるようです。
シャツは、普通の丸首シャツでは襟元からシャツ出てしまいますから、和服用の肌襦袢か襟ぐりが深いUネックかVネックがいいと思います。
下着なしという方もいいますが、汗が浴衣に染みると目立つので着用したほうが良いようです。
下にはステテコを履くのが一般的です。
ステテコは普通の木綿でも良いのですがクレープ地といって生地に細かいしわが入っているものが涼しくてオススメです。
予算に余裕があれば麻の下着も考えてみてください。
ステテコは必ずしも履かなくてもよいのですが、履かない場合は裾から下着がのぞかないように注意してください。
また、白っぽい木綿や麻の浴衣は下着が透けて見えますので気をつけましょう。
はきものはどうすればいいでしょうか。
浴衣の時は素足に下駄または草履や雪駄をはくのが一般的です。
ただし革の草履は浴衣には似合いませんし、高価な畳表のものは裸足に履くと汚れが取れないので、やはり下駄がおすすめです。
下駄が好みでない場合は、サンダルに近い形の草履か、いっそのことサンダルを選んだほうが良いかもしれません。
下駄には、二枚歯のもの、千両下駄、右近下駄などがあります。
下駄が初めての人には、歩きやすい右近下駄をすすめます。
二枚歯は硬い地面を歩くには慣れが必要です。



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする