イタイ女にならないための30代浴衣着こなし注意点

30代の女性が浴衣を選ぶときに注意したいことをまとめてみましょう。
30代というともう立派な大人です。
年齢に見合った色や柄、着こなしに注意したいものです。
浴衣は年に数回しか着ないため、保存状態もよく長持ちします。
しかし10代の頃に着ていたものを今も着用できるかといったら、それは難しいでしょう。
10代の時には10代なりに似合う色や模様があったはずです。
それを30歳過ぎてから同じように着こなそうとすると、イタイ女性として見られてしまいます。
現在の自分に合った浴衣が無ければ、惜しまず新しいものを購入し、古い浴衣は譲ったり捨てるなどして手元から離しておくことが良いでしょう。
状態が良ければオークションや古着を売れるアプリなどを活用し、必要な方に差し上げるのがエコで良いですよね。
30代には、落ち着いた雰囲気、大人っぽい上品な着こなしが望まれます。
浴衣の色柄だけでなく帯もつくり帯でなくきちんと結ぶようにしましょう。
ヘコ帯をひらひらさせるのもアウトです。
きちんと帯留めをするようにしたほうが、上品に見えますね。
見た目が不気味な人になりやすいのが、髪型やメイクです。
せっかく綺麗に着付けをしても、一昔前の水商売・風俗嬢のような盛り盛りヘアーや大きな花を頭に載せるなどはNG。
一緒にいる友人や恋人にも恥ずかしい思いをさせることになってしまいます。
30代はキレイに着こなすことも大事ですが「いかにイタくならないか」にも注意を向けた方が賢明です。



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする