今年の夏は浴衣を買おう!

浴衣はもともと湯帷子(ゆかたびら)と呼ばれ、平安時代頃には入浴昔は全裸で風呂に入らなかったので入浴時の着衣として使用されたり、湯上がりのバスタオルやバスローブ代わりとしてと使われていたもので、今でも下着に近い感覚を持っておられる方も多いかと思います。
しかし時代の変遷と共に表着としても定着し、現代では夏の定番アイテムとして利用されていますね。
近年では、梅雨が明けると、七夕、盆踊り、朝顔市、花火大会、お盆と、方々で若い人たちの浴衣姿を数多く見かけるようになりました。
夏を楽しむために浴衣を着る浴衣ブームは、平成に入ったころより始まり、以来、若い人たちの浴衣は、カラフルでパワーアイテムなものとなり、従来の浴衣の印象から一変した感じがあります。
浴衣は、若い男女が洋服一辺の生活からの気分転換に、ファッショナブルなおしゃれ着としても活用されているようです。
浴衣の色柄にもよりますが、下に襦袢をつけて足袋を履けば、単に着物代わりにも利用できると思います。
夏にも気軽に着物を着れるお勧めの着方です。
浴衣選びにはTPOに合わせた選び方をすることも大切になってきますね。
気に入った柄や値段で選んでしまうことが多いのではない化と思います。
もちろん、柄を気に入ることは大切ですし、値段も自分の予算内で選ぶことは普通ですが、やはりどんな場面で着るのかによってかなり選ぶものが違ってくると思いますので、その場面を想像しながら選ぶのが大切です。



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする