浴衣選び初心者向け!浴衣ってどんな風に売っているの?

浴衣を買う時に選び方で迷っていませんか?オススメな浴衣について紹介します。
浴衣が売り出される時期になると、だいたい3つのパターンの浴衣を見かけます。
1つめは、作り帯とセットになっている浴衣です。
これはリボン型のつくり帯がついているので、帯結びが簡単です。
小学生や中学生など自分で上手に浴衣の着付けができない人、短時間しか着用しない、文化祭などで動き回るので着くずれる可能性のある人などがオススメです。
大人の女性にはちょっと子どもっぽいので、大人であれば、自分で締める帯を使うと良いでしょう。
2つめは、作り帯ではないふつうの平帯が付いているセットです。
帯と浴衣の組み合わせを考えるのは難しいなと思うなら、無難でとても良いでしょう。
作り帯よりもキレイに見えるし、帯の結び方もアレンジがいろいろあるので、今までは作り帯だったという人も今年は挑戦してみてはいかがでしょうか。
3つめは、浴衣だけ、帯だけとそれぞれバラバラで売っているものです。
セットではなく単品なので、値段は高くなりますが、自分で好きな組み合わせも選べるし、帯がオマケのようなもではなく様々な柄をあしらったものなどを選べるので高級感があります。
社会人の女性なら、単品でよい帯を見つけるのがオススメです。
大人で安っぽいものを身に着けるととても貧相に見えます。
とくに和服はそれが顕著に出るので、頭に置いておくと良いと思います。
自分の年齢や立場にあった服装を身に着けるのが一番の「オシャレ」ではないでしょうか。



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする