20代アラサーの浴衣選びナビ

浴衣を買おうと思っている方は、何に悩んでいますか?選び方が分からないアラサーの女性は何に迷っているのでしょうか。
20代も後半にさしかかると、自分の好みや欲しいものはハッキリしてきているはずなのに、浴衣はどうも選べない。
それは、年齢が上がるにつれ、似合う色や柄が変わってきているからです。
日本の着物は、年齢によって似合うものと似合わないものがハッキリしています。
たとえば振袖は独身の若い女性が身に着けるものですが、派手で明るい色柄の振袖を50代の女性が着ていたらどうでしょうか。
成人式で地味なあずき色や暗い紫色の無地の着物を着ている女性はいますか?浴衣も同じように色や柄が年齢によって合うものとそうでないものがあるのです。
昔の感覚で浴衣を選ぼうとすると、鏡に合わせた時に違和感を感じますよね。
それはカワイイ浴衣が着れなくなってしまったということではなく、年を重ねたら重ねたなりの似合う浴衣があるということです。
20代や30代の方で浴衣を着ようと思ったなら、少し大人向けの値段もちょっと良いお店で選ぶのをオススメします。
また、帯も作り帯ではなくきちんと結べるタイプのものを選びましょう。
そうすることでより大人らしく、きちんと着こなすことができるようになります。
暗い色や落ち着いた色があまり好きでないという方でも、実際に着用してみると印象が変わり、案外しっくりくる場合もあります。
年齢に応じたオシャレができる女性は魅力的です。



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする