浴衣選びに迷ったら

夏になると浴衣を選ぶので迷う人が沢山出てきますね。
現代の日本での浴衣は、夏のイベントの時くらいしか着る機会がないため、衣装というか半ばハロウィンのコスプレのような感覚でしか持ち合わせなくなってきています。
しかし、学生や独身の女性にとって浴衣を着こなす夏のイベントはとても楽しみなものであり、気合いが入ります。
そこで浴衣選びに迷っている人に選び方のポイントを一緒に考えていきたいと思います。
まず浴衣で一番肝心なのが「色」でしょう。
普段、洋服を着る時に控えめな色を選ぶ傾向にある女性は、浴衣を選ぶ時にものすごく躊躇してしまいます。
「こんな色自分に似合うかな」「ハデすぎないかな」「合わせ方が分からない」など自分に自信がなく、色選びに迷ってしまうのです。
浴衣は、先ほども記述したようにほぼ衣装のような感覚なので、何色を選んでも良いのです。
むしろ、年に数えるほども着ないものなので、普段着ない色を選んでみるというのはとても刺激的で面白いものです。
たとえば、浴衣の定番「青」なんかは、なかなか青い服を着るということがないので、選びにくいですが、夏のイベントやお祭りの雰囲気にとてもよく映える色のため、浴衣の色としては非常に活かしやすいのです。
自分には青は似合わないだろうと決めつけず、試着してみましょう。
店員さんに合わせやすい帯を選んでもらうとよりイメージがしやすくなるのではないでしょうか。
思い切って普段とは違う自分に挑戦すると楽しいですよ。



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする