浴衣の着付けをしてみましょう

せっかく通販でお気に入りの浴衣セットを購入しても、着る時には誰かに着せてもらわないといけないと言うのでは面倒になってしまいますよね。
通販で浴衣セットを購入した時には、着付けの方法を書いた紙が同封されている場合も有ると思います。
基本的にはそれを見ると簡単に着付けが出来ると思うのですが、ここで1人でも着れる浴衣の着付けについて挙げてみたいと思います。
1.事前準備として、ヘアメイクは浴衣の着付けの前に済ませておくと良いでしょう。
2.浴衣用下着(下着・キャミソール等)を着ます。
3.浴衣を着ます。
この時、ウェストのくびれが大きい場合はタオルをウェスト部分に巻いて平坦になる様にしておくとキレイに着れます。
4.両手で両襟先の20cm程上を持ち、足首が少し見える位に持ちあげます。
5.右手、左手の順で浴衣を前で重ね合わせます。
この時左側の方が少し上になる様に重ねると仕上がりがキレイです。
6.下半身を固定される為、この状態で腰紐を巻いてください。
上半身はダボっとしていて構いません。
7.腰紐を軸に上半身のダボつきを整えていきます。
これをおはしょりと言いますが、脇の下の穴が開いている部分から手を入れて、シワを取る様に整えていきましょう。
8.襟元にコーリングベルトを固定します。
9.襟と首の間に拳1つ入る位に間を開けます。
10.帯を締めます。
簡単に書きましたが、浴衣の着付けは以上の様になりますので、是非チャレンジしてみてはいかがでしょうか。



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする