浴衣の選び方【肌の色と合わせる】

「肌の色と合わせる」と言う浴衣の選び方が有ります。
通販で浴衣セットを購入しようとした場合、先ずはどんな色の浴衣を選んだら良いのか迷うと思います。
本当は実店舗で実際に合わせてみるのが良いのですが、安い浴衣セットが欲しい場合は実店舗で合わせてそれを参考に通販で購入する様にすると良いかもしれません。
選び方のポイントとして挙げられる事に「肌の色と合わせる」と言う方法が有ります。
パステル系、黒や濃紺と言った浴衣は一般的に「色白」の方が似合うと言われています。
これは浴衣の色が肌の色を引き立ててくれる役割が有るからです。
また赤や白と言った明るい色合いでハッキリとした色合いの浴衣には、「日焼けした肌」が似合うと言われています。
更に寒色系の淡い色合いの浴衣の場合、ピンクがかった肌の人が似合うと言われていますし、緑やオレンジと言った可愛い感じの浴衣には、黄身が強めの肌色の人が似合うと言われています。
更に、先ほど濃紺の浴衣には色白の方が似合うと書きましたが、濃紺の生地に柄が白の大き目の柄の物を合わせると、肌と浴衣地、浴衣地と柄の色のコントラストがキレイに出て良いと思います。
また同じ色合いの浴衣でも、肌の色が違う人が着ると印象が違ってきます。
赤の浴衣を着た場合、色黒の方は元気な印象に、色白の方は明るい印象になると思います。
ですから必ずしもこの色合いの時はこの肌色の人と言うのではなく、結果的に自分に似合う色合いの浴衣を選ぶ事が大切なのです。



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする